常勤医師のメリット

業務を通じて専門性を高めやすい

常勤医師として医療機関で働くことで、特定の診療科目の専門性を高めやすく、将来的に管理職を目指したり、転職活動をしたりする際に有利になることがあります。特に、大学病院や総合病院の中には、常勤医師を対象に研修会やセミナーなどの機会を提供しているところもあり、毎日の業務に役立つ知識を得やすいといった魅力もあります。最近では、診療科目や業務内容などに注目をして常勤医師の求人を探している求職者が少なくありませんが、一つの職場で長く働くため、求人票をチェックするだけでなく、職場見学も欠かさずに行うことが大切です。なお、医療機関である程度の経験を持つ人であれば、過去の実務経験を役立てられる勤務先を選ぶと良いでしょう。

高収入を得られやすい

常勤医師は、非常勤や派遣などの雇用形態で働く医師と比べて収入が安定しており、基本給の他にも賞与や特別手当などが手厚い勤務先を選びやすいといったメリットがあります。最近では、病院や診療所などの医療現場だけでなく、老人ホームや民間企業などで好待遇の常勤医師の募集が行われることがあり、収入にこだわりながら就職活動を行うこともおすすめです。また、公立病院や総合病院などでは、長くキャリアを積むことで、院長や診療部長などの役職者を目指すこともでき、大幅な収入アップも望めます。なお、常勤医師の給料は、勤務先の経営状態や医師の年齢、実務経験などによって大きく左右されるため、慎重に求人選びをすることが大切です。