非常勤医師のメリット

常勤医師と非常勤医師は何が違うの?

常勤医師と非常勤医師の大きな違いは雇用契約と勤務時間にあります。
雇用契約に関しては常勤医師は病院からは正職員として雇用されており、非常勤医師は病院からは定期非常勤医、アルバイト医、嘱託医として雇用契約を結んでいます。
また、1日8時間以上、週4日以上、週32時間以上同一病院で勤務する医師は常勤医師、それ以下は非常勤医師という位置付けになるのです。

非常勤医師として働くことで、空いた時間で収入を増やしたい、新しい領域に挑戦してみたい、自由に動けることから人脈を広げたいなどと、ただ単に収入を増やしたいというだけでなく、収入以上に得られることが多くあるのが非常勤医師です。
常勤医師とは異なった観点から見ると様々な良い点があるのです。

非常勤医師としてのメリット

非常勤医師としての最大のメリットとも言えるのが、勤務日や勤務時間を柔軟に自分の都合の良いところに設定できるという点です。 残業が少なく、決まった時間帯での勤務が可能なため育児や介護をされている方、普段の仕事とは別で空いた曜日に勤務をしたい方など、短時間での勤務を検討されている方にとっては非常に大きいメリットとなります。 自分のスキルアップのためにも、新たな領域にチャレンジしてみたい方も中にはいると思います。 常勤医師では中々空いた時間も取れず、日々の診療で手一杯になるのが現状です。 非常勤の募集の中では未経験の場合でも応募可能な分野があります。研修を行ってくれる医療機関もあるので、自分の幅を広げるためにもスキルアップの場として活用されています。