常勤医師のデメリット

希望通りに休みが取れないこともある

総合病院やクリニックなどに勤務する常勤医師は、安定した収入を得ることができ、仕事を通じてスキルアップをしにくいという特徴があります。一方、診療科目によっては勉強会やセミナーなどへの出席を求められたり、急患の対応を任されたりすることがあり、希望通りの休みがとりにくいといったデメリットもあります。特に、医師をはじめとする医療スタッフが慢性的に不足している医療現場においては、患者の人数によって、休日出勤を命じられることも珍しくありません。そこで、長期的に常勤医師として同じ職場で働きたい場合には、就職後に後悔をしないために、スタッフの休暇の取得状況や、職場内の人員配置などに注目をして求人探しをすることがおすすめです。

研修医や看護師などの教育を任されることがある

常勤医師は、日々の診療だけでなく、研修医や看護師などの教育を任されることがあり、職場によっては自身のスキルアップのために割ける時間が少なくなってしまうこともあります。特に、大学病院や総合病院などでは、毎年多くの新人のスタッフが採用されるため、職場内での研修の際に医師の負担が増える傾向が見られます。最近では、医療スタッフの研修を専門に担当する医師を非常勤として採用したり、常勤の医師を増員したりする医療機関も増えているため、時間を掛けて働きやすい職場を見極めましょう。なお、医療機関によっては医療スタッフの研修を担当する医師を対象に手当を支給しているところもあり、収入にこだわって職場選びをするのも良いでしょう。